ストレスの少ない生活を!生活習慣の改善と運動の継続で心臓を守ろう

日常生活のすべてがリハビリ!

心臓病の手術をした人は退院しても、すぐに今までどおりの日常生活が送れるわけではありませんよね。しかし、寝てばかりいては回復は望めないですよね。毎日少しずつ、できることを増やしていくといいでしょう。今の状態でできる仕事、家事、趣味を一つずつ増やしていくことが、心臓のリハビリにつながりますよ。手術後は心臓の負担を減らすために、従来の生活習慣をやめたり、やり方を変えなければならないこともありますね。生活習慣の改善で、丈夫な心臓をつくりましょう。

心臓病の最大の敵はストレス!

心臓病の最大の敵はストレスなんですよね。ストレスを受けると体内の自律神経のバランスがくずれ、交感神経が心拍数と血圧を上げるので、心臓に負担がかかり、狭心症や心筋梗塞に悪影響を及ぼすんですね。「ストレス」には、緊張や興奮という精神的ストレスのほかに、気温の急な変化、トイレのいきみなども含まれます。これらのストレスを遠ざけるストレスフリーの生活を送ることが、心臓病を予防して、再発を防ぐ近道なんですよ。

適度な運動を始めよう!

元気な心臓をつくるには、ウォーキングがおススメですよ。毎日、無理のないウォーキングを続け、距離や時間を少しずつ増やしていくと骨格筋が鍛えられ、心臓の負担が軽くなるんですよね。軽いエアロビクスやダンス、自転車こぎなどの有酸素運動も有効ですよ。これらの有酸素運動を続けると、体脂肪が効率よく燃焼され、血糖値が下がり、血圧を下げることができるんですよね。すると、最終的に心臓への負担を減らすことができますね。

体全体に血液を送る際に、大動脈はとても重要な部分です。もし、大動脈瘤の治療を受けたいのなら実績のある専門医に相談してみると、希望通りの高度な治療を受けることができるでしょう。